ミックス犬ゴエモンとの日常&パーチメントクラフト時々グラスリッツェン♪
*紙とガラスwihtゴエモン HOME*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴエの病院と手術のこと
お陰さまで、昨日 抜糸を済ませカラーも外せました(*^^*)

たくさんの励ましと労りの言葉をかけていただき
本当にありがとうございました!

もしもブログをやっていなかったら、この2週間
孤独な戦い(?)だっただろうなぁとつくづく思いました。


今回で病院と手術のお話は最後にしたいと思いますが
個人的な考え方と感想なので、そういう話は好きじゃない!
読みたくない!と思う方はスルーしてくださいね(^^ゞ


ゴエが2歳の頃からお世話になっている先生は
30年近く獣医師をやっています。
病院には看護師さんや助手はいなくて先生一人です。

先生は去勢手術の事で相談した時(2歳位の時)も
目の縁の脂肪については膨らみが小さい内は
麻酔をかけてまで取ることは無いのでは!?と言う診断(助言?)で
ここ数年は去勢手術を受けてるコが増えてる事も知っていましたが
私と旦那も同じ考え方だったので このままで良いと思っていました。

フィラリアの検査も毎年キチンと薬を飲んでいるので
検査はしなくても大丈夫ですよ!と
歯石取りも勧められたコトはありません。
もしも、目の脂肪を取るとしても麻酔時間を延長してまで
歯石取りはしない方が良いだろうとのこと。

どちらかと言うと麻酔の怖さとデメリットを重視していて、
私の勝手なイメージでは昔ながらの先生でしょうか…。


そして今回手術をして頂いた病院は結構新しくて(5~7年?)
代表の先生の他に獣医師・専門医(曜日による)・看護師がいます。

目の脂肪については、もっと早く小さい内に取っただろう。
ここに来るワンコは去勢手術を済ませているコが多い。
目の腺腫切除をするなら去勢と歯石取りも一緒にやりますか?
(私も旦那も9歳になるのに去勢手術の話が出てビックリ!)

麻酔の怖さやデメリットよりも手術の結果とメリット
病気を未然に防ぐ、もしくは病気になり難くする方を重視。
私の勝手なイメージでは近代的な先生でしょうか…。


そして今回、ネットで動物病院のQ&A・経験者のQ&A・
ブログなどの経験談など色々いろいろ調べてみると
どちらのタイプの先生もいて、どちらの考え方の飼い主さんもいると
いうコトがよ~く分かりました。


自分の中で一番決め手となった言葉は
『一度に2つも3つも手術をするコトは医師にとっても
リスクが高くなる訳で、それを勧めると言うコトはその先生の
考え方では手術の必要性があり、手術に自信があるからだろう』

どこで見つけた言葉か、たくさん見過ぎて忘れてしまったけれど
なんだか妙に納得出来たんです。

これが正しいとか間違ってるとかはわかりません!
あくまでも私個人の感想です!!


先生のコトはどちらも良い先生だと思っています。
ただ考え方と性格の違いでしょうか。


私は自分が病院やお店などを選ぶ時、相手の人柄(人間性)を
重視するタイプです(*^^*)
もちろん医師は腕や経験が重要だとは思うのですが…。

ちなみに私の股関節症も手術を勧める先生・薬を勧める先生・
運動を勧める先生、色々でした。(同じ病院でも)

その中で薬と運動でいいや♪って自分で勝手に選びました(笑)


今回は腺腫の切除は必要だと思えたので踏み切ったけれど
腺腫の事が無く、去勢手術だけ もしくは歯石取りだけを
勧められたのなら手術には踏み切れなかったと思います。
何度も言いますが、これはあくまでも私個人の考え方です。


それにしても10年、20年くらい前と比べると
動物の医療って変わってきているんだなぁとつくづく思いました。

ネットやブログなどがここまで普及していなかったら
それもまた違う結果があったのかも知れないなぁとも思いました。


3137.jpg
カラーを外す2日前からカラーを着けたまま
へそ天が出来るようになったゴエ(*^^*)
スポンサーサイト


コメント
コメントです!
人間と同じで信頼関係がしっかりしている先生にお世話になりたい。おかげでいまは、犬も人間も満足してますよ。
2013/06/10(月) 11:39:50 | URL | ノーベル賞コウホケンメイゴンサンー [ 編集 ]
コメントです!
ゴエちゃん、主様、おめでとうございます。
よかったですね♪
記事を読ませていただき、私がもしも・・・と考えましたら、やはり同じ考え同じ選択をするだろうと思いました。
ウチの近くにも最近、新しい動物病院が増え近代的な設備の治療が行われているようです。
もちろん昔ながらの先生もいらっしゃり、ある意味飼い主の考え方ひとつで医療の選択ができる状態です。
我が子同然の小さな命を守るためにも、機会があれば現状を把握する事が大事ですよね。
本当によかった!おめでとうw
2013/06/10(月) 16:02:42 | URL | まりち [ 編集 ]
コメントです!
ゴエちゃん、抜糸が済んだのね~
エリカラも外れてよかったよかった(^^♪
10年前と比べてワン達の寿命もかなり延びていますよね。
それだけ色々な事が進歩したのでしょうね。
そして大事な子を預ける先生との信頼関係はとっても大事ですよね♪
2013/06/10(月) 21:43:53 | URL | ぴょん [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/10(月) 22:49:59 | | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/11(火) 16:59:54 | | [ 編集 ]
卑弥呼様へ
人と人、人と動物、どちらも心と気持ちがあってこそ!
そこで信頼関係が生まれますよね(*^^*)

満足出来ているのはとても良い事ですね!
2013/06/12(水) 14:15:42 | URL | sea [ 編集 ]
まりちさんへ
まりちさん、ありがとうございます(*^^*)

昔、シマリスやハムスターを飼っていた時は
小動物を診てくれるお医者様が少なくて苦労しました。
動物病院が増えているのはありがたい事ですね。

それに気軽に立ち寄れる病院と設備が整っている病院が
近くにあると思うと心強く感じます(*^^*)

これからはゴエの年齢に合わせて
健康面などにも気をつけたいと思います。
2013/06/12(水) 14:31:02 | URL | sea [ 編集 ]
ぴょんさんへ
ありがとうございます(*^^*)

エリカラも同時に外せるのかなぁと心配していましたが
もう普段通りの生活で大丈夫と言われました♪

ワンコ達の寿命が延びた分、飼い主である自分達の健康も
気をつけなくてはいけませんね(*^^*)

自分が信頼していないとワンコも不安ですものね!
そのためにも両院と長く付き合っていきたいと思います。
2013/06/12(水) 14:37:37 | URL | sea [ 編集 ]
鍵コメさんへ①
何度もカラーで顔をチョップされていたので
抜糸と同時にカラーも取れて私も楽になりました(笑)

パピーの頃に一度病院を変えて
現在の病院に落ち着いているのですが
最初は車で通う距離だったのが偶然にも
引っ越して来たら歩いて行ける距離になり、
縁があるんだなぁと思いました(*^^*)

ブログで出会えるのも縁ですよね!
私の拙い文面から気持ちをわかって頂けて嬉しいです!!
いつもありがとうございます♥(。→‿←。)
2013/06/12(水) 14:54:59 | URL | sea [ 編集 ]
鍵コメさんへ②
鍵コメさんの通っている病院、なんとなく似ています。
とっても優しい先生で話しやすくて
相談もしやすいんです(*^^*)
でも、先生ご本人が患者を増やそうとも思っていなくて
患者さんが減ってきているんです。
「そろそろ引退くらいの歳なんですよ」なんて言ってるし。

でも、フィラリアのお薬や予防接種などは先生にお願いして
今回の新しい病院のコトは先生にも話していたので
血液検査などは新しい病院の先生にお願いしていこうかなぁと
思っています(*^^*)
その時、その時じゃないと考えられない事も出てきますよね!

ゴエへのお言葉もありがとうございました♥(。→‿←。)
2013/06/12(水) 15:09:43 | URL | sea [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。